先輩の体験談

先輩の体験談

初期研修で学んだこと

小林郁夫医師(2012年島根大学卒)

試練に満ちた日々
研修開始当初は免許こそいただいたものの、実地では何もわからない不安に満ちたスタートでした。 試練に満ちた日々でしたが、それでもなんとかやってこられたのは、ひとえに周囲の方々のサポートのおかげでした。また、多くの他職種の方々との交流のなかで、医師という職種それ自体がその方たちとの連携の上に成り立っているということも、理解できました。


惜しみない指導をいただいて

研修で中心となるのは入院中の担当患者さんの診療をさせていただく病棟業務です。患者さんの抱える問題に医師としてどのように向き合うかを、実際の業務内容を評価して頂く形で指導医の先生方が指南して下さいます。患者さんへの細かな配慮を教えてくださるのは看護師の方々です。処方した薬に問題がないかをチェックしてくださるのは薬剤師の方々、栄養の管理についてアドバイスをくださるのは栄養士の方々、リハビリに関しては療法士の方々…など、ここに書ききれないほど多岐にわたる職種の方々から惜しみない指導をいただきました。
さらに、病棟業務の合間に心臓や腹部のエコー研修がありますが、そこでも技師の方々から専門的なエコーの技術を学ばせて頂きました。研修のどの瞬間を切り取っても、常に誰かに支えられていました。そのことを非常にありがたいと思うと同時に、自分も機会があれば勉強会で持ち前の知識をシェアするなどして、お世話になっている方々の支えになれたらと思っています。

感謝を形に

また、院内で働く方々からだけではなく、患者さんからも支えていただいていることを実感しました。「百聞は一見に如かず、百見は一触に如かず。」患者さんは生きた教科書であり、他の何よりも多くのことを学べるのは患者さんからです。
机の上で得た知識は、患者さんの診療を通じて、印象深いナマの体験として定着します。そのような実り多い体験を駆け出しの医師に許してくださる患者さんに深く感謝しています。今後も自分の未熟を補って余る丁寧な診療でその感謝を形にしていきたいと思います。


松江生協病院 医師・研修医・医学生情報サイト
  • HOME
  • 医師募集要項
  • 初期研修医募集要項
  • 後期研修医募集要項
  • カンファレンスの開催について
  • 研修医紹介
    • 研修医の一日
  • 先輩の体験談
  • 鈴木健太郎医師
  • 村中雅子医師
  • 下条芳秀医師
  • 平林政人医師
  • 久野遥加医師
  • 小林郁夫医師
  • 医学生実習について
    • 自分でつくる実習・見学体験
    • 実習参加者の声
  • 病院群臨床研修プログラム
  • お問い合わせフォーム

総合病院 松江生協病院